体臭についての基礎知識

ではまず、体臭についての基本的な説明をしていきましょう。

 

脇や足のにおいなど、体臭はなぜ出るのか?
男女の体臭の違いはあるのか?

 

それについてご説明します。

 

汗が原因で体臭が出る!

体臭が出る大きな理由として挙げられるのが「汗」です。

 

汗を出す汗腺には、エクリン線とアポクリン線の2種類があります。

 

このうち、スポーツなどをした際などに全身から出るサラッとした汗は、エクリン線から出る汗なのですが、実はエクリン線から出る汗自体は水分がほとんどで、ニオイ成分はほとんど含まれていません。

 

しかし、この汗に皮脂や汚れが混じることで、時間とともに雑菌が繁殖し、におってくるようになるのです。

 

次に、もうひとつの汗腺であるアポクリン線は、脇の下や足の裏など、特定の場所に存在する汗腺で、これは汗自体がドロッとした状態で、最初から不快なニオイを発します。

 

脇の下や足の裏のニオイが特に強烈になりやすいのは、このアポクリン線からの汗が大きな影響を与え、しかもエクリン線からの汗も蒸れて雑菌繁殖でにおうようになる、というダブルの理由があるからのです。

 

エクリン線から出る汗もにおうことがある

さて、先ほど、エクリン線から出る汗について「ニオイ成分はほとんど含まれていない」と述べましたが、実は人によっては、エクリン線からの汗もにおう状態になってしまいます。

 

エクリン線からの汗がにおうのはどういう人かというと・・・ズバリ「めったに汗をかかないなど、何らかの理由で、エクリン線汗腺の機能が低下している人」です。

 

エクリン線から出る汗自体がほぼ無臭なのは、「汗として出る前に、ニオイ成分がろ過されている」というプロセスがあるからなのですが、汗腺機能が低下すると、ろ過機能も低下し、ニオイ成分が汗に混じって出やすくなってしまうのです。

 

皮脂も体臭の原因に!

体臭が出る理由としては、汗の他に皮脂も挙げられます。

 

汗に混じると雑菌繁殖してにおうようになるだけでなく、汗がなくとも、皮脂そのものが酸化するとニオイが強くなります。

 

体臭の強さの男女差

さて、体臭について、男性と女性を比べた場合、どちらの体臭が強いのかというと、全体的に見れば、男性のほうが、体臭が強い傾向がありますね。

 

その理由として「男性のほうが皮脂腺の働きが活発だから」というのが挙げられます。

 

物理的に皮脂分泌量が多いため、汗と皮脂が混じって雑菌繁殖したニオイや、皮脂そのものが酸化したニオイは、女性よりも男性のほうが強くなりやすいのです。

 

こうした理由があって、女性の場合は、皮脂によるニオイは男性よりも少ないのですが、汗についてのニオイは、むしろ女性のほうがにおうケースもあります。

 

なぜなら、女性のほうが、汗腺機能が弱い傾向があるため、「本来はほぼ無臭であるはずのエクリン線からの汗が臭い」という状態になるケースが多いからです。

 

ですから「総合的に見れば、男性のほうが体臭が強い傾向があると言えるものの、女性も油断はできない要素を抱えている」ということになります。

体臭について知ろう記事一覧

dummy

ストレスが強くなると、それだけで体臭が強くなってしまうリスクが高まります。その理由についてご説明しましょう。ストレスが体臭を強くしてしまう理由ストレスが体臭を強くしてしまう理由として、「ストレスによって活性酸素が大量発生し、体内で脂質が酸化し、過酸化脂質となってしまう」というのが挙げられます。脂質が酸化しただけでも臭うのですが、さらにやっかいなのが、「過酸化脂質は、中高年の皮脂腺に多く含まれるパル...

dummy

睡眠不足は、あらゆる不調を招く元凶として知られていますが、実は体臭にも少なからぬ影響を与えます。睡眠不足と体臭の関係について、ご説明しましょう。睡眠不足で老廃物が溜まる!?睡眠不足が体臭に影響を与える最大の理由として挙げられるのが、「睡眠中の疲労回復や新陳代謝がじ十分に行われないため、体の中に溜まった老廃物の排出にも支障をきたす」ということです。たとえば、体臭の原因のひとつとされる過酸化脂質も老廃...