加齢臭についての基礎知識

体臭の中でも、中高年の人にとって特に気になるのが、「加齢臭」です。

 

加齢臭とは何か、その発生メカニズムはどうなっているのか、それについてご説明しましょう。

 

加齢臭とは何?

加齢臭とは、「人が加齢するーつまり歳をとるにつれて発するようになる、中高年独特の体臭」を指す言葉です。

 

加齢臭のニオイは、青臭さと油っぽさが混じったようなニオイで、「ロウソクのようなニオイ」「古い本のようなニオイ」と例える人も多いですね。

 

「強烈でむせかえるような体臭」などとは違うのですが、加齢臭が出る=年寄りの証、とイメージづけられてしまうことが多いため、中高年の年代の人は、この加齢臭を気にする人が多いのです。

 

ちなみに、このニオイを「加齢臭」と名付けたのは、資生堂リサーチセンター研究員の土師氏たちです。
「加齢によって、体臭も変化する」という概念を示す言葉として、加齢臭と名づけられました。

 

加齢臭発生のメカニズム

では、加齢臭はなぜ発生するのかというと・・・これは、「人間の皮脂の組成状況が、加齢によって変化していくから」というのが挙げられます。

 

人が歳を重ねれば重ねるほど、パルミトレイン酸および過酸化脂質という物質の割合が増えていき、パルミトレイン酸と過酸化脂質が結びついて分解・酸化されると、「ノネナール」というニオイ物質を生み出します。

 

このノネナールこそが、加齢臭のニオイの元となるのです。

 

ちなみにノネナールは、皮膚にある常在菌が皮脂を分解する際にも作り出されてしまいます。

 

中高年の皮脂にノネナールの原材料がたっぷりとあるために、どういう過程を経ても、その皮脂が分解・酸化されればノネナールが生まれてしまう、ということです。

 

ちなみに、この加齢臭の発生メカニズムは、男女ともに起こるものです。
女性は、若いうちは体臭が男性よりも薄いケースが多いので、加齢臭について油断しがちなのですが、女性でも加齢とともに、加齢臭は発生してしまいます。

 

特に、女性の場合は閉経後に加齢臭が目立つようになる、というケースが多いですから、「今までほとんど体臭で悩んだことはなかった」という人でも、油断はできませんよ。