加齢臭を出しにくくするための食べ物

「加齢臭は、加齢とともに、どんな人にでも発生するものだから、ニオイの発生そのものを抑えることはできない」とあきらめている人も多いですが、それは間違いです。

 

確かに、「年をとってもまったく加齢臭を出さない」というのは難しいかもしれませんが、発生するニオイを弱めることならじゅうぶん可能です。

 

そのために重要となってくるのが「内側からのケア」のカギとなる、食生活です。

 

加齢臭を軽減するために役立つ食べ物をご紹介しましょう!

 

抗酸化成分が加齢臭軽減に効く!

加齢臭の原因となるノネナールは、皮脂に含まれる物質の分解・酸化によってできてしまうものですから、「酸化を防ぐ」というだけでも、加齢臭を軽減できる効果が期待できます。

 

そのために役立つのが、抗酸化食品。皮脂の酸化をうながす活性酸素に対抗するために、欠かせない存在です。

 

食べ物に含まれる抗酸化成分としては、以下のようなものが挙げられます。

  • ビタミンA(ベータカロテン)
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • イソフラボン
  • クエン酸

 

抗酸化成分を豊富に含む食べ物はこれだ!

では、先ほど挙げた抗酸化成分を豊富に含む食べ物をご紹介しましょう。

 

  • ビタミンA(ベータカロテン)・・・緑黄色野菜に多く含まれます。
  • ビタミンC・・・生野菜およびフルーツに豊富に含まれます。
  • ビタミンE・・・モロヘイヤ・ウナギ・タイ・カレイ・茶葉・アーモンドなどに豊富に含まれています。
  • イソフラボン・・・豆腐や豆乳・納豆など、大豆食品全般に含まれています。
  • クエン酸・・・お酢・梅干し・かんきつ類・リンゴなどに豊富に含まれています。

 

これらの抗酸化成分含有食品の情報を総合して考えると、

 

野菜をたっぷりと食べ、たんぱく質摂取は肉だけに頼らず、魚や大豆食品などからバランスよく摂る。
間食は甘いお菓子やスナック菓子を食べるではなく、適量のフルーツやアーモンドにする。
料理の味付けにはポン酢等のお酢類を積極的に使うようにする。

 

などという工夫を心がければ、かなり加齢臭改善が期待できる食生活に近づく、ということが言えそうですね。