体臭が特に出やすい、「洗うべき場所」はここ!

体臭対策のために、入浴時にしっかりとニオイの元を落とすには、体臭ケア専用の石けんやボディーソープを使う、ということが大切ですが、いくらすぐれた体臭対策石けん・ボディーソープを使っていても、「体臭が出やすい部分を洗い忘れ・洗い残してしまう」というような状態では意味がありません。

 

体臭が特に出やすいポイントを知り、きちんと洗うように心がけましょう。

 

体臭が特に出やすい場所はここだ!

体臭が特に出やすい場所としては、「脇」がもっとも有名ですが、脇以外にも、体臭が出やすい場所はたくさんあります。

 

  • 耳の後ろ
  • 胸元
  • 背中(特に肩甲骨の間あたり)
  • デリケートゾーン
  • 足の指の間
  • 足の裏

 

これらのポイントは、「皮脂分泌が活発」「蒸れやすい」などといった理由で、かなり強い体臭が出やすい、要注意ポイントです。

 

この中でも特に、耳の後ろや首は、洗い忘れが起こりやすい上に、加齢臭のニオイが強烈に出やすいスポットですので、「きめ細かい泡ですみずみまできちんと洗う」ということを特に心がけましょう。

 

また、体臭が出やすいというより「汚れやすい部分」としては、おへそも挙げられます。おへそのゴマは、汚れと雑菌のかたまりのようなものですから、強烈なニオイを放ちます。
ゴマを溜めないように、泡を指につけて、その指でやさしくおへそをなでるように毎日ケアすることが大切です。

 

シャンプーも消臭・抗菌成分配合のものを使おう!

体臭対策と言えば、頭から出るニオイにも注意したいですね。

 

まず、頭皮は皮脂分泌が活発な上に蒸れやすいので、相当においやすい場所です。

 

また、髪の毛は、「周りのニオイを吸着して臭くなる」という性質を持っていますので、こちらも毎日ニオイ落としが必要です。

 

ですから、シャンプーも消臭・抗菌成分が配合されているものを選び、しっかりと頭皮と髪を洗うようにしましょう。

 

まずは頭皮を指の腹でしっかりともみ洗うようにしてから、泡にニオイを吸着させるようなイメージで、泡を髪全体に行き渡らせるようにするといいでしょう。

 

消臭・抗菌成分の配合だけでなく、頭皮と髪にダメージを与えないために「石油系界面活性剤不使用」という点にもこだわって選んで下さいね。