衣類消臭グッズを活用しよう

体臭対策で忘れてはいけないポイントとして挙げられるのが「衣類の消臭」です。

 

実際、同じぐらいの体臭の人であっても「服がにおうかにおわないか」というだけで、かなり違ってくるんですよ。

 

市販の衣類消臭グッズをうまく使って、「におわない服づくり」をしていきましょう!

 

洗濯時は塩素系漂白剤を入れるのがおすすめ!

 

衣類の消臭をするために大切なのが、「洗濯時にできるだけ衣類のニオイを減らす」ということです。

 

近年では除菌成分が入った洗濯洗剤も多く出回っていますが、「それではニオイ消しにはパワー不足」と感じることが多いのも事実。

 

芯からのニオイ消しに役立つのは、やはり漂白剤です。
漂白剤は塩素系と酸素系がありますが、殺菌・消臭力に特にすぐれているのは塩素系ですので、肌着などは塩素系漂白剤を入れて洗濯しましょう。

 

ただし、塩素系漂白剤は漂白力が強すぎる分、色柄物にはまったく使えないという欠点があります。
色柄物のニオイ消しのためには、酸素系漂白剤を使うといいでしょう。塩素系ほどのパワーはないものの、使わないよりはずっと効果的ですよ。

 

衣類消臭スプレーの活用

「体から出たニオイを、衣類でブロックしてもらう」という点で役に立つのが、衣類消臭スプレーです。

 

衣類に使える消臭スプレーはいろいろありますが、おすすめしたいのは、「経衣類消臭」と分類されているスプレーです。
経衣類消臭のスプレーは「今ある衣類のニオイを消すだけでなく、衣類に消臭作用を持たせ、体臭を中和して消す」というコンセプトで作られているので、体臭から発生したニオイが衣類に移るのを防ぐのに効果的なんですよ。

 

ニオイの出やすい首回り・脇・背中・胸元部分に重点的に、スプレーして下さい。

 

頑固なニオイがついている衣類にはこれ!

 

「何をやってもガンコに体臭がこびりついていてにおってしまう」という衣類は、いっそのこと処分してしまう、というのもひとつの手ですが、お気に入りの服だと、そういうわけにもいかないでしょう。

 

そんな時は、市販の脱臭剤とニオイが気になる衣類をゴミ袋に入れて袋の口を縛り、1〜2日放置しておく、という方法を取ってみましょう。

 

脱臭剤のパワーが、狭い空間でフルに発揮されるので、これでガンコにこびりついた体臭も、かなり落ちるはずですよ。
下駄箱用の脱臭剤が、パワー強力なので特におすすめです。