脇のニオイ対策あれこれ

体臭の中でも、特に気になるニオイとして挙げられるのが、脇のニオイです。

 

脇のニオイ対策は、まず何より「入浴時に、良質な体臭対策石けんやボディーソープを使って洗う」ということが大切ですが、それにプラスして、ちょっとしたお役立ちグッズを使ってみたいものです。

 

簡単にできて効果大!?ミョウバン緑茶水

 

脇のニオイ対策としてまずおすすめしたいのが、手作りでも簡単にできる「ミョウバン緑茶水」です。

 

濃く煮出した緑茶80ccに、市販の焼ミョウバンを小さじ2分の1ほど入れ、この状態で冷蔵庫に1日置きます。1日置いたらミョウバンが溶けやすくなっているので、これをよ〜く混ぜてミョウバンを溶かし、溶けきったらスプレー容器に入れて、できあがり。

 

出かける前に脇部分にこのミョウバン緑茶水をスプレーすれば、かなりの消臭&抗菌&制汗効果が得られますよ。

 

冷蔵庫保存で、1週間〜10日ぐらいで使い切るようにして下さい。

 

脇の汗を拭き取る際の工夫

脇の汗を拭き取る際、乾いたタオルやハンカチ等でゴシッとこするように拭き取る人も多いですが、実はこれをやると、「一時的に脇が乾燥するためすぐに汗が出る」「皮脂腺が刺激されて皮脂分泌も多くなってしまう」というリスクがあります。

 

乾いたタオルやハンカチで拭くよりも、むしろ「いったん濡らして、軽く絞った状態のタオルやハンカチで拭く」という形にしたほうが、拭いた後の発汗や皮脂分泌を抑えられる可能性が高いんですよ。

 

そして、できればここでもうひと工夫したいのが、「殺菌・消臭効果のあるアロマの力を借りる」ということです。

 

具体的にどうすればいいのかというと・・・
無水エタノール5ccにアロマの精油を3滴ほど入れてよく混ぜたものを、水45ccとともにスプレー容器に入れ、よく振って混ぜ、アロマスプレーを作ります。

 

そして脇を拭く際には、乾いたタオルやハンカチにこのスプレーをシュシュッとかけて濡らし、それで脇を拭くといいでしょう。

 

精油は、ラベンダーやティーツリー・ユーカリなどが、使用感がさわやかでおすすめです。
2週間以内に、使い切るようにして下さいね。

 

脇汗パッドは銀イオン入りのものを!

 

「脇の汗がどうしても多く出る」という人は、脇汗パッドを使って脇の汗をパッドに吸い取ってもらうのが有効なのですが、中には「脇汗を吸ったパッドのニオイが気になってしまう」という人も居ますよね。

 

そんな場合は、銀イオン入りの脇汗パッドを使うのがおすすめです。

 

銀イオンは、洗濯機などにも除菌・消臭機能として採用されているほどに作用がすぐれているので、パッドに銀イオンが入っていれば、吸った脇汗のニオイも抑えられます。
また、パッドが脇に触れることで、脇そのものにも銀イオンの除菌・消臭効果が与えられるというメリットもありますよ。