体臭対策石けんの選び方

体臭対策のための石けんやボディーソープは、世間にたくさんの種類が出回っていますが、「どれを選んでも効果は同じ」というわけではありませんよ。

 

本当の効果が見込める良質な体臭対策石けん・ボディーソープを見きわめるためのポイントをご紹介しましょう。

 

有効性の高い消臭成分・抗菌・殺菌成分は配合されているか?

体臭対策石けん・ボディーソープ選びの際にまず注目したいのは、「高い有効性が期待できる消臭成分と、抗菌成分または殺菌成分が配合されているかどうかを見る」ということです。

 

今あるニオイを消して、ニオイ原因菌の発生を抑えるには、消臭、そして抗菌または殺菌、この両方の作用が必要不可欠です。

 

有効性の高い消臭成分としては、柿渋エキス(柿タンニン)・ミョウバン・フラボノイド・緑茶エキス(茶カテキン)・ジャムウなどが挙げられますよ。

 

また、抗菌・殺菌成分としては、トリクロカルバン・柿渋エキス(柿タンニン)・ミョウバン・緑茶エキス(茶カテキン)・フラボノイド・イソプロピルメチルフェノール・ジャムウ・ムクロジエキスなどが挙げられます。

 

安全性にも注意しよう!

体臭対策石けんに対して「消臭力と抗菌・殺菌力」を求めるのは当然のことですが、こうした作用を持つ成分が配合されていればそれでいい、というわけではありません。

 

「洗顔にも使えるレベルの、高い安全性があること」も、重要なポイントです。

 

なぜかというと、消臭力と抗菌・殺菌力ばかりを重視し、安全性に一切配慮していないような石けんやボディーソープを使うと、肌に刺激やダメージを与えてしまい、それが皮脂の過剰分泌などの問題を引き起こしてしまうリスクがあるからです。

 

たとえば「強力な石油系界面活性剤を使用し、うるおい成分はまったく入っていないボディーソープ」などを長く使い続けると、洗い上がりがつっぱって乾燥することで皮脂分泌を招くだけでなく、石油系界面活性剤が肌表面のたんぱく質を変性させ、肌トラブルによる皮脂分泌過剰をさらに誘発してしまう可能性さえ出てくるのです。

 

ですから、「洗顔に使っても大丈夫です」とメーカー側が太鼓判を押しているくらいの、高い安全性があるものを選びましょう。

 

このサイトでご紹介している体臭対策石けん・ボディーソープはすべて「成分の有効性と、顔にも使える安全性の両立がきちんとなされているかどうか」のチェックをクリアした厳選商品ばかりですので、「何を選んだらいいかイマイチ分からない」という人は、ぜひ、このサイトの商品情報を参考にして下さいね。